若林交流館4Kドキュメンタリー映画「時の絲ぐるま」上映会に登壇します

目次

絹と麻 2つの糸の大嘗祭にまつわる物語

天皇陛下が新しく御即位した後の最初の新嘗祭を特別に大嘗祭といいます。

大嘗祭には特に重要なお供え物が3つあり、米は亀甲による占いから調進元が決まり、麁服(あらたえ。麻織物)は徳島県阿波忌部、もう一つの繒服(にぎたえ。絹織物)は三河の豊田市稲武から調進することになっています。

令和度の大嘗祭でも稲武から繒服を調進しました。稲武には今もなお、養蚕製糸の伝統技能が継承されていて、毎年伊勢神宮や熱田神宮に生糸を献納しています。

4Kドキュメンタリー映画「時の絲ぐるま」

石井友規監督が、徳島県の麁服と愛知県豊田市稲武の繒服を「二つの糸」と捉えて、4Kドキュメンタリー映画を制作されました。
私も出演させていただいています!

4K映画『時の絲ぐるま』予告編 ©maruvishi

お客様の声の紹介

これまで豊田市内では、稲武交流館、産業文化センター、逢妻交流館、井郷交流館、猿投台交流館で上映会が開催されてきています。
来場された方のアンケートはいずれも好評で、いくつか紹介させていただきます。

自然の美しさ。伝統を守ること、守る人、つないでいく人たちの苦労、思いを知ることができた。

素晴らしい映像とメッセージに感動しました。

着物の着付けの先生をされている柳瀬美和様にもご覧いただき、ご紹介いただきました。

若林交流館 上映会のお知らせ

若林交流館「時の絲ぐるま」上映会

※新型コロナウイルス感染対策を実施したうえで、開催予定です。

日時令和3年3月27日(土)13時30分~(開場13:00)
会場若林交流館 多目的ホール
〒473-0914 愛知県豊田市若林東町沖田124
※名鉄三河線「若林駅」から徒歩が便利です
参加費無料。どなたでもどうぞ(定員100名)
申込み若林交流館の窓口か電話(0565-52-3858)
詳細http://ph-toyota.jp/course/?p=15526
主催若林交流館・公益財団法人豊田市文化振興財団
稲武地区養蚕・製糸文化伝承事業実行委員会
後援豊田市・豊田市教育委員会

次回の上映会のお知らせ

・末野原交流館「時の絲ぐるま」上映会
 令和3年6月26日(土)(予定)

・崇化館交流館「時の絲ぐるま」上映会
 令和3年6月27日(日)(予定)

URLをコピーする
URLをコピーしました!

愛知県豊田市の山奥、稲武町で300年以上つづく豪農旧家に生まれました。
東京大学を卒業し、大企業に勤務していたにも関わらず、イナカの家業を引き継ぎ、「いま旧家は一周回って面白い」「いまイナカは一周回って面白い」ということを発信します。

目次
閉じる